同じ保育士が1人の子どもと関わることでその子どもを十分把握することができ、適切に子どもの発達を助けることができます。また、保育士と信頼関係を築くことで、子どもの情緒も安定します。