当園では、兄弟が少なかったり、地域での遊びが少なくなっているということで、開園時から異年齢混合保育をいろいろな形で行ってきました。
平成11年から0~2歳児が年齢別保育、3~5歳児を3つのグループにして異年齢混合保育を行っています。
1つの部屋に3~5歳児がいるということで、4~5歳児が3歳児を遊びの中で助けたり、世話をしたりする場面がみられます。
小さいとき助けてもらった経験をすると、
大きくなったとき小さい子どもに同じようにしています。
異年齢の子どもがいるということで、年齢の違いがあると遊びもいろいろ違って良いことに気づくようです。
その結果、子どもたちの自発的な遊びの発展が多くなり主体性が育ちます。